映像制作会社についての基本的な説明を致します

映像制作をしている会社というと、ある程度仕事内容に想像はついても実際にどんなことをしているのか知らないという方は多くいるでしょう。基本的に行っているのはテレビ番組やコマーシャル、ウェブコンテンツやゲームの映像制作などを行なっている会社が多くあります。創作物を取り扱う仕事をしているため企画から始めることがほとんどで、その製作段階に応じてさまざまな役割を担っている方たちがいます。聞きなじみがあるところでいえばディレクターやプロデューサー、構成作家などの肩書の人です。彼らが営造物の企画をしてどんな映像にするのか、どんな内容の物を作るのかをまとめて各制作段階を割り振るほか、全体的な計画方針を示す役割を持っているのです。そのほかにもカメラマンなどの力も必要になります。

映像制作に携わる技術職の人たち

映像制作というのはディレクターなどの企画を担当してくれる人たちだけでは完成しません。カメラマンや音声さん、音響担当さんなどがいて初めて一本の映像作品が完成します。このような人たちはあまり表舞台に出てくることはありませんが、映像作品を作るうえで欠かせないキーパーソンなのです。映像作品を完成させるためのサポートをしてくれる人たちがいて、その映像作品で主役になる演者の方たちがいなければ映像制作は行えないのです。映像制作会社はこの裏方の人たちが所属している会社になっています。また、近年では映像技術の進化もあって映像編集の技術者が人気になっている状況でもあります。そのため、映像編集の方法を学ぶ専門学校も出てきているほどなのです。映像制作会社に勤めたい人たちはここに通うと良いでしょう。

映像制作を教えてくれる専門学校

一口に映像制作と言ってもさまざまな映像作品がありますが、専門学校で学ぶことができるのは主に編集技術です。アニメーションやコマーシャルなどのジャンルにとらわれず、映像作品の動かし方を教えています。どんなテーマ性を持った映像なのか生徒に考えさせることで、映像作品がメディアに向いていることがわかります。映像制作は独学で学ぶこともできますが、専門学校に通うことで効果的な手法を知ることができ、業界の話を聞くこともできるので就職においても有利になることがほとんどです。特に制作会社と連携している専門学校ならば早い段階から仕事を任せられるという可能性もあるので、専門学校に通って損はないでしょう。また、映像制作の道に進まなくても編集技術というのは役立つスキルなので、学んだことが損にならないのも魅力になります。

撮影のみ、編集のみというご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 弊社では、回数には限りがありますが、納品後の修正も行っております。 キャスティング事務所、ナレーター事務所等多数お付き合いがあり、ご要望のキャスティング実現に尽力できます。 平成6年の創業以来、ベンチャー企業から上場企業まで3000タイトル越えの作品を制作してきました。 ハイクオリティ・ローコストの映像制作会社ARTSTECH