実際に仕事をするならどんな映像制作会社が良いかについての説明

映像制作会社に就職するうえで、どの会社を選べば良いのか悩む方も多いかと思います。映像業界は年間休日が少なく、休日出勤する事も多くあり、徹夜作業があるのは当たり前のような実力社会です。教育制度が整っているわけではなく、実力がある人が入社しなければ痛い目を見るような精神的にも肉体的にも厳しい業界です。クライアントの要望に応え納期や締切などがあり、時には要望以上の物を短期間で制作する必要があるからです。そんな映像制作会社でも独自の福利厚生を行っている会社もあります。産休や育休は女性にとって取得できる、できないは大きな問題です。また、復帰をした後でも子供を抱える以上短時間勤務なども必要となります。また、自分の為に自由時間を週に2時間昼休憩と併用で使用できるシステムを作っている会社もあります。休日が少ない会社だからこそ、散髪や買い物など休日に済ませたい事ができるのは有難いシステムです。

映像制作会社の仕事はどのような種類があるのか

映像制作会社も色々な種類の映像を制作しています。CMやPRを専門とされている会社では主に短尺の映像制作をしています。アニメーション風やドラマ風などテレビで流れるCMだけでなく、企業内で使用される新人教育動画やWebの企業紹介動画などです。イベントや展示などの動画制作をする会社もあります。博物館や美術館などで使用される映像は10年以上利用される為、長期間使用しても違和感のない映像作りが必要になります。プロモーションビデオやミュージックビデオを専門にする制作会社もあります。クライアントからのオーダーはもちろん、芸術的センスも求められる事になります。テレビ系の制作会社は映像制作と聞き一番に思い浮かぶ仕事です。テレビ系の会社の場合は長尺の製作物が必要となります。長時間見てもらう為にはどうすべきかを考えられて作られます。

映像制作会社の仕事内容はどのようなものなのか

映像制作会社が映像制作するための仕事内容をご紹介します。まずはネットなどを使用したり書籍などを読み情報をリサーチする事から始まり、この情報を元にシナリオや台本を作ります。台本に記載した内容の映像を撮影する為にカメラマンや音声技術スタッフと外に出かけ撮影をします。一日に何か所も回る事がある為適切なスケジュール管理が求められます。編集作業は撮影映像をイメージする流れ通りに抜きだして繋ぎ合わせる作業です。編集をしてどうしても足りない場合は追加で撮影に向かう場合もあります。最後に編集した映像に字幕などの文字や音楽を入れていきます。店舗情報や地図などを追加したりCG映像を差し込む作業です。完成した映像も、プロデューサーやクライアントのチェックで修正作業の依頼が何度もある事も多いようです。どんな狙いで指示されたのかをよく理解した上で作業をしないと延々と修正作業を繰り返さなくてはならなくなります。