映像制作会社では実際にどのような仕事をするのかをお教えします

映像制作会社は、テレビ番組や映画、コマーシャル等の様々な映像を作成しています。企業向けの映像制作会社もありますが、ウェディング用の映像作成など一般での仕事の依頼も出来る映像制作会社もあります。会社の規模によって様々な職種の社員が在籍しており、映像の企画や全体の構成を考えるディレクター、編集を担当する編集マン、撮影を担当するカメラマン、照明専用のライトマンなどが在籍しています。また、クオリティの高い映像を作成している企業にはシナリオを一から担当するシナリオライターやCGを手掛ける映像クリエイターも在籍している事もあります。映像の制作を発注するのはテレビ番組を放送しているテレビ局やコマーシャルを手掛けている広告代理店がメインとなり、近年ではスマートフォン等の普及によりこれからも新規事業が伸びる可能性がある業界ともいわれています。

構成から映像撮影の期間はどれくらいなのか

映像の制作会社は、クライアントから映像のコンセプトや予算、制作スケジュールに関して発注を受けてから始まります。発注された内容を元にディレクターが細かな構成や今後の映像作成の段取りをクライアントと練り上げます。撮影を担当するカメラマンや照明を演出するライトマンに業務が割り振られる事で、そこから実際の映像撮影が始まるのです。撮影の期間は様々で、数ヵ月の制作時間を必要とする物や、数週間という短い制作時間の発注もあります。撮影場所はレンタルスタジオや野外となり、人物が登場する映像ともなればスケジュールの調整や撮影に時間がかかる可能性もあります。ですが撮影後の映像編集が最も時間がかかる作業になり、クライアントからの修正が入る可能性もあるので、撮影は製作期間の三分の一程の期間になります。

最も時間のかかる編集を経てクライアントへの納品に

撮影後の映像編集は最も時間がかかります。撮影された映像は構成通りの順番に撮影されていることはあまりなく、構成の順番がバラバラな映像を組み立てる事から作業が始まるのです。その後一つになった映像から不要な部分をカットしたり、映像に加工をしたり音声に問題はないか等の確認が入ります。その後クライアントと共に試写会を行い、変更点や修正箇所がなければそのまま納品となります。ですが、変更点や修正箇所は必ず出てくるので、試写会は納品の二週間から一週間ほど前が一般的な様です。変更点に関しては、映像そのものの差し替えの場合もあるので更に短い期間で撮影と編集が必要になります。映像制作会社はシビアな製作期間の中で活動しているハードな職業といえるでしょう。日常生活の中で目にする映像には沢山の工程が隠れているのです。