映像製作会社に就職する際に注意する点

近年、スマートフォンやSNSの普及によって、専門の知識がなくても簡単に動画を作ることができるようになりました。映像制作の仕事に興味をもつ人も増えていますが、映像制作に興味があるなら映像制作会社に就職してみるのもいいでしょう。映像制作の仕事というのは、テレビ番組やテレビCMの制作・編集をはじめ、ゲームやアニメーション、WEBコンテンツ等の映像にかかわる仕事のこと指しますが、映像制作会社は大きく分けて、撮影や照明といった技術パートを自社で担うケースと、撮影や照明などの技術パートを外注に出しているケースの2つに分かれています。しかし、映像制作会社の仕事内容というのは会社ごとにまったく異なるため、映像制作会社へ就職を検討している場合は、入社後に後悔しないためにも、事前に映像制作会社の仕事とはどのようなものなのか知っておくことが大事です。

映像制作会社は大きく2つに分けられます

映像制作会社というとお客様を相手に映像を制作する仕事というイメージを持つ人も多いですが、実は映像制作会社というのはお客様のために映像を制作するところと、自社で利用する映像だけを制作するところの大きく2つの環境に分かれており、お客様のために映像を制作する会社というのは、式典やセミナー、ホームページ上などで公開する動画の制作を中心に行う会社で、このような環境の会社であれば企画力のほか、撮影・編集といった技術力も高めることができるという特長があります。一方、自社で使用する映像の制作を行う会社というのは、自社ブランドや自社で取り扱うイベントの撮影・編集を行う会社で、社内の人間だけで作業を行うことから作業効率が良く、労働環境も比較的整っている場合が多いのが特長となっています。

映像制作会社に就職するなら幅広い分野のスキルを身につけよう!

映像制作会社への就職を希望しているなら、まず自分はどのような仕事をやりたいのか明確にすることが大事です。例えば、将来独立してフリーの映像クリエイターを目指したいなら、お客様のために映像を制作する会社を選ぶのが最善といえます。逆に撮影や編集といった技術的なことよりも、映像制作の立案や企画、番組制作を中心として仕事に携わりたいなら自社で利用する映像だけを制作する会社を選ぶのが良いといえます。また、映像制作の仕事は、ディレクターや技術スタッフなどさまざまな専門のスタッフが集まって仕事を行っているケースが多いですが、映像制作のデジタル化が進む近頃は、デジタル化された映像の制作を構成から編集まで一人のスタッフが行うケースも増えてきており、映像制作会社への就職を検討している場合は幅広い分野のスキルを身につける必要もあるといえます。